リノベ通信

【ご実家リノベーション】名義、費用、税金、ローンの疑問をクリアに

【ご実家リノベーション】名義、費用、税金、ローンの疑問をクリアに

記事掲載日:

 

両親ご家族の愛着が深いご実家をリノベーションする場合の気になる疑問を、Q&Aスタイルですっきりクリアにしましょう。

 

キッチンのアクセントクロスとコンセント

名義は誰に・贈与税を回避軽減する方法とは

Q.子がお金を出してリノベーションしたら、子のものになりますか?

A.いいえ。なりません。実家の名義が親になっていれば、たとえ二世帯で住んでいたとしてもオーナーは親のままです。逆に、かかった費用が子から親への贈与にあたり、贈与税が発生しますので注意が必要です。


Q.いくらまでなら贈与税がかからないのですか?

A.年間110万円以下です。リノベーションの場合工事費等でそれ以上の費用がかかるのでちょっと厳しい数字です。


Q.では税金を抑えるためにはどうしたらいいのですか?

A.2つ方法があります。よく使われる対策方法が、リノベーションする前に建物だけ親から買ってしまうことです。買った上で名義変更して、子のものになった建物を子がリノベーションするのであれば贈与にあたりません。築年数の経った住まいは固定資産評価が落ちているので、買ったとしても出費を抑えられます。土地は親の名義のままでかまいません。


Q.もう一つの方法は何ですか?

A.もう一つは、リノベーションする前に建物だけ親から贈与される方法です。贈与税がかかるのでは?と思われるかもしれませんが、買う場合と同じく建物の評価が低くなっているので、税金が発生しない(あるいは少額で済む)可能性が高くなります。贈与を受けたら名義変更してリノベーションすれば良いのです。


手すりのある階段スペース

費用や期間はどれくらいかかるの?

Q.実家をフルリノベーションする場合、費用はいくらかかりますか?

A.およその費用になりますが、132平米(約40坪)で1,000万円~1,500万円ほどかかります。


Q.その費用には何が含まれていますか?

A.ストックホーム・フクオカの場合、〇間取り変更 〇耐震補強 〇耐震適合証明書取得(住宅ローン控除適用) 〇シロアリ保証 〇住宅設備新設 〇サッシ→複合サッシ新設(箇所任意) を標準としています。


Q.費用を抑えたい場合はどうしたらいいのですか?

A.大規模な間取り変更を避けて、“古き良き”の良きを残しながらプランすると良いと思います。まだ新しい設備を流用するのもコストダウンにつながります。さらにランニングコストも考慮すると良いでしょう。


Q.期間はどれくらいかかりますか?

A.お問い合わせをいただいたらまず現地調査を行います。そこからお引き渡しまで約半年(6ヶ月)を見ています。


かわいい柄の洗面所の壁紙

ローンを利用するには建物名義の変更が有利

Q.実家をリノベーションする場合でもローンは利用できますか?

A.はい。建物の名義を子に変更していれば、通常と同じローンが利用可能となり、ローン減税も適用されます。各種補助もご利用になれます。


Q.親の名義のままでもローンは利用できますか?

A.その場合親がローンを利用することになりますので、高齢の場合借入可能額が低くなる、または借入できないという問題が起きます。


ご実家リノベーションまとめ

疑問は解消されましたか?上物(建物)の名義変更ができれば、あとは自由というのが、ご実家リノベーションのポイントとなります。事例豊富なストックホーム・フクオカがお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。



●ご実家リノベーションシリーズ

1.間取り変更。愛着のあるご実家がよみがえる。

2.解体補強。解体から再生に向かう。

3.断熱工事。壁、床、天井の保温力アップ。

4.外構・内部下地工事。家の形が見えてきた!

5.いよいよ完成!待望のゴール!!

6.よくある質問。名義、費用、税金、ローンなど



STOCKHOME FUKUOKA

山根木材ホーム福岡支社
ストックホーム・フクオカ
福岡市南区長住1丁目1番48号
お問合せは0120-561-728
担当:松元