リノベ通信

【オーダー型リノベーション】愛着のあるご実家がよみがえる。ビフォーアフター

【オーダー型リノベーション】愛着のあるご実家がよみがえる。ビフォーアフター

記事掲載日:

ただいま福岡市博多区某所にてご実家リノベーション中


こんにちはストックホーム・フクオカです。

今回、新築をご購入いただいたお客様のご実家をリノベーションするというオーダーをいただきました。大胆な間取り変更と同時に、構造物以外のほとんどを新装します。


1階ビフォーアフター

■ビフォー

築35年の木造2階建で、1番の不満は車庫がないことでした。今後の同居や介護を考えると駐車スペースは絶対欲しいというご希望なので何とか確保しなければなりません。


■アフター

そこで、4畳半ほどのスペースをインナーガレージ化する大胆な間取り変更を敢行。位置が変わっていないのは浴室と階段のみという大移動。和室スペースやリビングからガレージに直接出入りできる動線も確保しました。


2階ビフォーアフター

ビフォー

2階は左下にインナーバルコニーがありますが、実はこれが北面。物干しにはどうにも不便なので南面に新設することにしました。トイレも欲しいところです。


アフター

南面に奥行きのあるバルコニーを設置。元あったバルコニーはウォークインクローゼットに変身させました。4.5帖の洋室を納戸とトイレに変更します。



解体中の現場

ブルーシートだけになってしまったリビングの外壁。補強、断熱、防水、防湿と加工して、頼もしい壁に仕上げます。すでにサッシだけは縦すべり窓がついています。


かつてキッチンだった場所。レンガ調タイルも一時期流行っていたのが懐かしいです。壁付きだったキッチンをカウンター型に変え、開放感のあるLDKに生まれ変わります。


こちらは洗面所跡ですね。ここは玄関に変わります。洗面台、洗濯パン、可動棚すべて新調します。


一部だけ構造が剥き出しになっているのはリノベーション工事の萌えポイントの一つ。


ヤワヤワになっていた床を全部剥がして基礎が剥き出しになりました。昔ながらの布基礎です。水平を取り直して必要な補強を入れ、フラットな床を組み上げます。


今回のようなオーダー型のリノベーションの場合、お客様とプランのお話をする機会があるので、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

建売の場合オーナーがまだ決まっていない状態でプランを考えますが、オーダー型の場合『この人、またはこの家族のために家を造る』ことができますので、ものすごくイメージしやすく迷うことが少なくなります。

逆にお客様の方がプランAにするかBにするかで迷われたりします。

こちらとしてはどちらも正解のつもりでご提案していますので嬉しい限りです。



STOCKHOME FUKUOKA

山根木材ホーム福岡支社
ストックホーム・フクオカ
福岡市南区長住1丁目1番48号
お問合せは0120-561-728
担当:松元