リノベ通信

【ご実家リノベーション】凍てつく前のフカフカ断熱材施工

【ご実家リノベーション】凍てつく前のフカフカ断熱材施工

記事掲載日:



急に冷え込んできましたが、福岡市博多区で進行中のご実家リノベーション現場では、運よく断熱材の施工が間に合いました!
まだ剥き出しの状態ですが、あるとないのでは全然違います。晴れの日であればほんのり暖かい環境で工事できるので本当にありがたいのです。



ガレージ壁の断熱

インナーガレージの壁を断熱材で囲っています。壁の向こうの居室を保温するためです。断熱材の上から透湿防水防風シートとサイディング(外壁材)を貼りました。


浴室の断熱

ユニットバスを入れる前の浴室です。ユニットバスをスポッと入れるだけと思われるかもしれませんが、こんなにしっかり断熱しているんです。


居室の断熱

居室も天井裏から壁、窓枠の隙間、クローゼットまでしっかりフカフカをインストールします!

奥のウォークインクローゼットはインナーバルコニーだったところに新設したもの。


なのでこの辺りの造作はすべて新品素材です。


リビングの断熱

床の水平を取ったらフローリングを貼り、貼り終わったらすぐに吸ホル養生ボードで保護します。リビングの壁は、断熱材の上に石膏ボードを貼るところまで進んでいます。




貼ってしまうと薄く見えますが、実はこんなに厚さがある断熱材。このフカフカを見ているだけで幸せな気分になります。私だけ??


もうすぐ帰省シーズン。実家が寒くてしょうがないとお悩みの方はぜひご相談ください。


STOCKHOME FUKUOKA

山根木材ホーム福岡支社
ストックホーム・フクオカ
福岡市南区長住1丁目1番48号
お問合せは0120-561-728
担当:松元