リノベ通信

あの落水荘の間取りをトレースしてみた

あの落水荘の間取りをトレースしてみた

記事掲載日:


こんにちは。
ストックホーム・フクオカです


間取り大好きな貴方のために、あの有名な落水荘(らくすいそう)の間取りを、中古物件風にトレースしてみました

落水荘はフランク・ロイド・ライトという巨匠が、1936年に建築したものです


トレースの結果、落水荘は【4LDK+浴室4つ・テラス6つ・プール1つ】という間取りでした

ご覧のように小川と滝を標準装備した4階建です


【1階】長いアプローチから玄関に入ると、102帖のリビングダイニングがお迎え。102帖!?


もうこの段階で帖数計算が馬鹿らしくなってしまいます


落水荘は、当時の百貨店経営者の別荘として建てられたものです


【2階】2階には3つの洋室をご用意。それぞれに専用の浴室、テラスを標準装備しています

ゲスト用にしつらえた洋室3は、他の2部屋から離れたプライベート設計になっています


【3階】最上階の3階にはテラス2つと浴室が付いたお部屋をご用意。離れにベッドスペースを設けています



トレースして気になったのは


・窓多いな。。。



・壁少ないな。。。



・階層多いのいいな。。。



というあくまで建築的な3点でした。ぜひ一度訪れてみてください
名前は落水荘と和風ですが、日本にはありません


STOCKHOME FUKUOKA

山根木材ホーム福岡支社
ストックホーム・フクオカ
福岡市南区長住1丁目1番48号
お問合せは0120-561-728
担当:松元・土師




ピンタレスト《落水荘の間取り》