リノベ通信

【福岡市東区馬出リノベ】幕の中で何が行われているのか[外観編]

【福岡市東区馬出リノベ】幕の中で何が行われているのか[外観編]

記事掲載日:


こんにちは
ストックホーム・フクオカです


中が見えそうで見えないのがもどかしい、建設現場の養生幕(ヨウジョウマク)


今日は、この幕の中で何が行われているのかご紹介しましょう


まず最初に外装の洗浄です。汚れや苔、古くなった塗膜などを高圧洗浄機で洗い落とします


壁を指でこすって、白い粉が指につく場合、すでに塗膜の役目は終わっています


速やかな再塗装がオススメです


屋根も汚れをしっかり落とします


2番目に下地処理(下塗り)をします。 サビの発生や進行を抑えるための”サビ止め塗料”、下地素材の吸い込みを抑え密着性を高めるための”シーラー”、粗面下地に使用する”フィーラー”などがあります。


古くなったコーキングやひび割れの補修も行います


3番目に中塗り、上塗りと続きます。灰色が下塗りで、ベージュが中塗りです


中塗りと上塗りは同じ塗料を使い、塗膜に厚みをつけていきます


屋根も下塗り、中塗り、上塗りを行います


雨樋いやダクトなど、付帯する設備にも塗装を施します


古くなった外壁や設備も、再塗装することで、耐用年数が10年〜15年伸ばせます


綺麗になりました!


今日のビルトインガレージ

サイディングパネル(外壁材)を貼り終え、下塗り乾燥中です


中塗り〜上塗りには、このグレーよりもっと濃い色の塗料をあしらって


渋格好いいガレージを目指します。お楽しみに!



ただいまストックホーム・フクオカ一押しの大型物件が目白押し!

◎東区馬出/事前案内会ご予約受付中

●東区千早/平屋 5,160万円

●早良区重留/6LDK 3,380万円→3,250万円


STOCKHOME FUKUOKA

山根木材ホーム福岡支店
ストックホーム・フクオカ
福岡市南区大池1丁目26番7号
お問合せは0120-561-728
担当:松元・土師