リノベ通信

解決!寒い家 〜柏原平屋に見る断熱施工〜

解決!寒い家 〜柏原平屋に見る断熱施工〜

記事掲載日:


ポカポカ陽気だったGWが明けたら急に寒くなりましたね。思わずセキセイインコの鳥かごにヒーターを付け直したストックホーム・フクオカ/山根木材福岡支店リノベーション課です


寒さが悪さするのは、風邪だけではありません。末梢血管が収縮し免疫力が下がったり、結露がカビやダニを誘発したり、家の中の寒暖差がヒートショックを引き起こしたりします

中古住宅といえど、断熱の部分はできる限り妥協しないようにリノベーションを行っています


福岡市南区柏原の平屋リノベーション現場の様子です。ビフォーでは、壁も窓も心細い内容でしたので全部取り払い


断熱力の高い二重ガラスの新品サッシに入れ替えました。窓は室内の熱が最も逃げていく場所なので、これで隙間風や底冷えも抑えられます


モルタル下地塗りが終わり、この後仕上げ塗装に入ります


東レさんの防湿シートが風になびいていた勝手口付近も


ぎっちり新品の断熱材で囲みました


平屋らしからぬ大きなLDKが誕生するので、特に断熱には力が入ります


床面もスタイロフォームと構造用合板で断熱・補強を施した上で


フローリングを貼り込んでいます


そしてすぐさま養生します。傷がついたら大変ですからね。この養生ボードはホルムアルデヒドを吸収分解する力が備わっています


天井裏はもともとあった断熱材(黒い部分)を生かしつつ


新たな断熱材(白い部分)で部屋を包んでいきます


天井裏はまるで雲海のように断熱材が広がっています

家が完成してしまうとほぼ見ることはない「断熱材」ですが、見えないところでちゃんと家族を守ってくれています


完成まで今しばらくお待ちください


STOCKHOME FUKUOKA

山根木材ホーム福岡支店
ストックホーム・フクオカ
福岡市南区大池1丁目26番7号
お問合せは0120-561-728